ブログ一覧


職人に向いている人【内装工のお仕事とは?】

富山の内装職人直営店のTANKです。

『お客さまお一人お一人を大切に』ご依頼・お問い合わせをお待ちしております。

 

 

今回は「内装工」の仕事内容についてご紹介します。

 

建物に関する仕事というと、建築士や大工をイメージする人が多いと思います。「内装工」とは、一戸建て、マンション、商業施設などの大規模の建設現場での建物の室内の快適な居住空間をつくる最終仕上げである内装工事を行う職人のこと。

 

◆「内装工」職人について◆

 

施主様(お客様)の目的や空間デザインイメージに合わせた材料を使いながら室内を美しく仕上げていく職人、建築やリフォームにおいて欠かせない存在であり、お部屋の壁・床・天井・設備に至るまで、内装のほとんどが「内装工」職人の技術が光ることによって美しく仕上げられています。建築基準法や消防法により使用する材料や施工の仕方も変わってくるため、専門領域が分かれています。例えば、ボード張りを専門に行うボード屋さん、壁紙を専門に行うクロス屋さんなど、様々な分野があり、家族に自分が建設に関わったと自慢できる現場での仕事になります。

 

 

 

◆「内装工」職人に向いている人◆

 

内装工は、ほとんどが手作業のため、細かい作業が苦にならない手先が器用な人が向いています。空間にあった材料を使い、完成度の高い仕上がりを求められるので、インテリアやデザインが好きな人にも適していると思います。また、内装の現場は多くのチームで担当することがほとんどです。そのため、他の職人と協力して作業を行うため、作業を効率的に進めるコミュニケーション能力が求められます。

機械や材料などの重いものを運んだり、長時間の作業を集中して続けたりできる体力や忍耐力時間内に作業を終える手際の良さも必要です。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2020 合同会社TANK. All rights Reserved.